【検索ワードへのお答え】9月13日編「モルモットがタオルを食べちゃう」

Mollyモルモットの飼育方法に関する情報はまだまだ少ない日本。Wordpress のブログ管理機能には、当ブログを見つけてくださるのに使用された用語や質問が表示されるコーナーがあるのですが、そこから察するに、いろいろな用語・質問を検索して当ブログに到達される方もいらっしゃるようです。

今回は、そのような質問の中から、当方がお答えできそうなもの・需要が高そうなもの・面白かったもの等々に、短く回答をしていきたいと思います。お役に立ちましたら幸いです。

Q1「モルモットがタオルを食べちゃう」
A 我が家の先住モルたちもいろいろ食べてしまいます。3匹の内、ペットシーツを食べようとしないのは最も年長さんの1匹だけで、他の子たちは油断すると吸収剤までむしゃむしゃいこうとするため、油断も隙もありません(汗)。

タオルは床材に使われているのでしょうか、ケージカバーなどに使われているのでしょうか? どちらにせよ窒息や消化不良の危険性があるため、食べようとする仕草を見せたら、とりあえず取り上げてしまいましょう。

モルモットは身体の構造上、吐くことができません。そのため、誤って何かを呑み込んでしまうと、あとは消化を待つかお腹から取り出すかしかなくなります。

糸もしくは布を口にくわえて引っ張ってしまうことのできるタオルは、そもそも床材にはあまり向いているとはいえないのが実情です。英米圏のモル飼いさんたちは、布の床材を使用する時には、撥水加工を除去したフリースを使うのが大半のようです。

我が家でもフリース床材を使用しておりますが、口で引っぱれないよう、全ての辺をピンと張った状態にしてクリップ止めすることでかじり問題を解消しています。それでも自分で自分のケージの床をたるませ、かじるド根性の子もいますが(大汗)、最近は「フリースは別に美味しくない」と学んだらしく、飽きているときにちょっと遊ぶ程度になりました。

キャリーのカバーに使用されているようであれば、
1) パイル地の部分を外にしてキャリーを包み、糸を口で引っぱれないようにする
2) フリースや帆布など、かじりづらい布に変更する などの対処方法があります。

お風呂の後等に体を拭いてあげる時に使用しているのであれば、まず、お風呂に入れる際でもモルモットの顔は濡らさない方が無難です (というか、顔エリアは濡らすと危険です)。耳などに水が入ると病気になってしまうこともあるため、よっぽどのことがなければ、前足より前(人間でいう肩から頭の部分)は洗う必要はありません。下半身だけ洗ってあげれば、拭くのも口の届かない下半身だけでよいため、「タオル食べられ問題」は解消するかと思います。下半身だけなのに食べられちゃう、という場合は、ループの部分の糸の飛び出しが少ない、マイクロファイバー等の速乾性タオルを試してみてください。

広告