命の「大掃除」? 年末の動物殺処分と、写真展「お家に、帰ろう」について

標準
ouchini_kaerou_gallery_paw_pad

©尾崎たまき 動物殺処分の問題に静かな、優しい、そして力強い眼差しを注がれる尾崎さんの写真展は、祖師ヶ谷大蔵の Gallery Paw Pad で1/16-31開催です。

 

すっかりご無沙汰してしまいました、「モルモットハウスくにたち」マネージャーです。
昨年末よりモルモット保護の案件が進行中 & 生業が超のつく多忙ぶりで、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。お詫び申し上げます。

そのかわり、来年頭から保護モルたち、大規模に里親さん募集を掛けさせていただきますので、どうぞお楽しみに! 可愛い写真もたくさんアップする予定です。

さて、クリスマスも終わり、そろそろ年末。急いで年賀状を書いていらっしゃる方も多いのではないでしょうか (わたし? 今年は代表に完全丸投げお任せし、一枚も書いてないです・・・代表、ごめんね)。

年末は大掃除の時期でもあります。近所の100均でのお掃除グッズの驚くほどの売れ行きを見ても、各家庭での熱心なお掃除ぶりが伝わってきます。

そしてお掃除といえば、不用品の処理。着られなくなった服、修理できない家電など、掃除をしているとどうしても出てきてしまいますよね。私も数日前までは、「あのコートとジーンズはもう古いから処分して、新しい衣装ケースを買って…」と、年末までのお掃除計画を立てていました。

でも、今年からは、もう同じように「大掃除」という言葉を聞くことができなくなってしまいそうです。

年末の大掃除で処分するモノの対象に、ペットまで含めている人がいることを知ってしまったから。
続きを読む

広告