モルモットの里親さんの募集を開始しました!

標準

Wu_Long_01

皆様、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。「モルモットハウスくにたち」のマネージャーです。

澄んだ空気と清々しい晴空に恵まれた国立市より、「本年もどうぞよろしくお願いいたします」のご挨拶をお送りさせていただきます。

さて、長らくお待たせいたしました! 2015年末より取り組んでおりました現場より保護したモルモットたちの里親さん募集を、ついに開始いたします。

【保護モルモットたち】
現在、「モルモットハウスくにたち」および預かりボランティアさんのお宅で保護していただいているモルモットたちは、全部で20匹近く (妊婦さんがいたりするため、今後も若干増える見込みです)。

【保護までの経緯】
屋外飼育で繁殖しすぎてしまっていた状態のところを保護されました。

有志の方が可能な限り丁寧にお世話をしてくださっていたのですが、雄雌区別が失敗して数が増えてしまっていたこと、妊婦さんが複数おり、生まれた子どもたちの生存が困難と思われたことなどから、「モルモットハウスくにたち」が主体となって保護し、室内に引き上げて性別判定・健康診断を受けさせ、一般家庭に行っても大丈夫であると判断できた子から里親を募集することになりました。

12482983_905655402863243_768395604_o

関係者の方およびボランティアの方々の努力で、11月末の時点で妊娠していた妊婦さんはすべて保護され、そのうち半分以上が無事に出産を終えて、可愛い子どもたちと一緒に暖かい場所でのんびりと過ごしています。

出産を控えている子、妊娠しているかどうか確認中の子も複数いますが、この子たちは出産後、生まれた子どもたちが1カ月半になるのを待ち、もしくは妊娠の可能性がなくなるまで待ち、里親さん募集をかける予定です。

【モルモットたちの状態】
厳しい環境ではあったものの、有志の方のご配慮により、ご飯やお水などはしっかりと摂取できていたこともあってか、健康状態は良好です。

保護の際に全頭、エキゾチックアニマルの診察できる獣医さんから健康チェックを受けていますが、ノミダニなどもおらず、歯の状態も良く、「きわめて健康」との診断を受けています。

健康に問題がある疑いがある子もいますが、獣医師さんから「この程度ならば問題なし」とGOサインが出た子のみ、里親さん募集をしています。

そのような子は、募集の際・譲渡の際とも、どのような部分に不安があるか明記しておりますので、どうぞご安心ください。

不特定多数の人と接する環境であったこともあり、人馴れもある程度はしていますが、お外にいた子たちなので警戒心は強めです。

しかし、「慣れてくると、抱っこ大好きナデナデ大好きの甘えん坊さんになった」との嬉しい報告を預かりさんやトライアル中の里親候補さんから受けているため、家庭のペットとして幸せに暮らせる子たちではないかと思います。

【里親さんにお願いしていること】
Wu_Long里親さんを募集しているモルモットは皆、人間の都合でおうちを失ったり、「増えすぎてお世話できなくなった」「世話が面倒くさい」 などの理由から捨てられたり、保護されたりした経験を持っています。

中には出産を経験した子、低体重や病気から回復した子もいます。皆、苦労してきた子たちです。

苦労してきた子だからこそ、必ず幸せになってもらいたい、あたたかな家庭で愛されてほしい――それが、関わったボランティアたち全員の願いです。

そのため、譲渡に際しては、こちらのページにまとめたような条件をつけさせていただいております。

ご応募の前に、こちらの内容を必ず熟読し、ご理解いただいてからご連絡いただけますよう、お願いいたします。

このような条件は、一見必要以上に厳しいように思えるかもしれません。

「ペットショップで買えばこんなに面倒じゃないのに」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

しかし、新しい里親さんにも 「モルモットと暮らす」 生活がどのようなものになるのか、無理なく飼育できるかを十分理解していただいた上でお迎えを考えていただきたいと思っているからこその措置であることを、ご理解いただけましたら幸いです。

お読みいただいて納得いただけたら、是非お申し込みください。「この条件はなぜ必要なのか?」 と疑問に思われたら、どうぞご確認ください。誠心誠意説明させていただきます。

「直接会って質問がしたい」「話が聞きたい」という場合も、どうぞお問い合わせください。

モルモットたち、そして新しい飼い主さんたちが楽しく一緒に暮らすことができるよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

男の子モルモットたちの里親募集ページはこちらから、
女の子モルモットたちの里親募集ページはこちらからご覧ください。

 

広告