大型連休の前にやっておきたいこと

peach_house01もうすぐゴールデンウィーク。お出かけされるのを楽しみにされている方も、おうちで愛モルちゃんとのんびりされるのを楽しみにされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、まだまだ気候が安定しない4月末から5月上旬は、気温の変化などでモルモットが体調を崩しやすい危険な時期でもあります。

そしてGW期間中、または前後の時期に休診・時間短縮診察になる動物病院も多いので、

「突然体調を崩し、急いでかかりつけ医に行こうとしたら休診中」
「ホームページの情報を頼りに知らない動物病院に駆け込んだら、モルモットの診察はもうしていないと言われた」

などの、恐ろしい事態が起きがちです。

もちろん体調不良を完全に阻止することはできませんが、いざとなった時に慌てないよう、例えば以下のような準備をしておくのはいかがでしょうか。

1) かかりつけ医の診療スケジュールを調べておこう
「そもそもGW期間中は全く診療していない」「GW期間の前後に変則的なお休みが入る」などの動物病院は多いと思います。

また、大型連休中も診察している病院であったとしても、普段なら別の病院に行っている動物患者さんたちが押し寄せ、待ち時間が普段より長くなる可能性もあります。

普段であればモルモットを診察可能な獣医さんが常時いるのに、「GW期間中にはいない」などということもあるかもしれません。

goemon_b普段行っていない病院やしばらく行っていない病院であれば、電話などで事前に問い合わせをし、指示を聞いてから行く方がよいでしょう。

その他、緊急夜間対応などをしてくれる動物病院もありますので、担当の先生に相談してみるのもお勧めです。

2) かかりつけ医と提携している緊急医療機関がないか調べよう
我が家のかかりつけ動物病院には提携緊急往診サービスがあり、深夜に体調を崩した際などに自宅診察をお願いすることができます。

エキゾチックアニマル(犬猫以外)を診られる獣医師がすぐに来てくれない場合もあるので注意が必要ですが、開いている緊急医療センターを電話で案内してもらえることもありますので、聞いておいて損はないかと思います。

ただし、「支払いはクレジットカードのみ」などの条件がある場合もありますので、事前にホームページなどで確認しておく方がよいでしょう。

また、自宅から無理なく行ける距離の夜間診療センターなども調べておくとよいと思います。

3) 「何となく気になる」程度でも、行けるときに病院に行っておこう
動物病院がお休みということは、「いつももらえるお薬がもらえない・治療をしてもらえない」「いつも診てもらっている先生に診てもらえない」ということです。

つまり、普段であれば少しの治療でよくなるようなレベルの体調悪化でも、その「少しの治療」が受けられず、あっという間に深刻な事態になってしまう可能性がいつもより高くなるということでもあります。

wu_long_happy_08特に連休前半の夕方や夜に体調が悪化した場合、診察可能な病院を探す間にどんどん悪化してしまうことも考えられます。

このような対応の遅れは、ぎりぎりまで体調の悪化を人から隠すモルモットには、命にかかわる事態になってしまうこともあります。

「様子見を続けているうちに体調が悪化し、慌てて緊急対応可能な病院を探したが、受診したくても連休の中日でどこも開いておらず、やっと受け入れ先が見つかったときにはもう動かせる状態ではなかった」という悲しいケースもしばしば耳にします。

少しでも心配なことがあれば、病院が開いているうちに問い合わせ・受診しておきましょう。悪化した際の対応法・緊急対応先なども教えてもらっておけば、少なくとも何も用意していないよりもずっと確実に、体調不良を乗り切ることができるのではないでしょうか。

楽しいはずの大型連休を心配しながら過ごさないためにも、できる準備はしておきたいものですね。

広告