【幸せ報告】「ホリー」ちゃんにおうちが決まりました!

holly_top久しぶりの更新は、嬉しい嬉しいご報告です! 11月からトライアルに出ていた「ホリー」ちゃんが、晴れて素敵なご家族にお迎えいただき、新しいモル生のスタートを切ることになりました!!

ホリーちゃんの旅路を応援してくださった皆様、本当にありがとうございました! ホリーちゃん、幸せになるんだよー!

【「ホリー」ちゃんが「ずっとのおうち」を見つけるまで】
holly_with_reece_012015年に妊娠した状態で保護され、ボランティアさん宅で出産したホリーちゃん。

突然環境が変わって不安になったのか、少し食が細くなったりして心配されましたが、それでも2匹の赤ちゃんを一生懸命育てました。

子どもたちが3週間を迎える前に獣医さんで健康チェックを受け、過酷な出産から順調に回復していることを確認してもらいました。

同時に子どもたちは獣医さんで性別チェックを受け、男の子は預かりボランティアさん宅へ。その後、預かりボランティアさんのおうちにお迎えされました。

女の子だったもう1匹の子ども(「リース」ちゃん)とともに、別の預かりボランティアさん宅に移動したホリーちゃん。少し神経質だった母子も、他のモルモットがいない落ち着いた環境でのんびりと過ごさせてもらい、「人に甘える」ことを覚えるようになりました。

その後、発情が強くなってきたため、女の子たちのたくさんいる国立市拠点での生活にストレスを感じるようになった男の子と、入れ替わりで国立市の拠点に戻ってきた母子だったのですが…

holly_160930_a生後半年を迎えた娘「リース」ちゃんのおてんば振りに、ゆっくりのんびり過ごしたかったらしいママがイライラしてしまうのか、小競り合いが絶えなくなったため、やむなく分離へ。単独でおうちを探すことになりました。

やはりお問い合わせは月齢の低い子に集中してしまう傾向があるため、2歳を超えているホリーちゃんは苦戦するだろうかと心配していたのですが、蓋を開けてみるとお問い合わせも複数頂戴し、今回のご縁につながりました。

【ホリーちゃん、新ファミリー様のもとへ】
新飼い主ファミリー様は、家族揃って動物が大好き! というご一家。「是非モルモットを迎えたい」とお問い合わせくださったお母様と、しっかりお話をさせていただきました。

モルモットは草食動物なので、とても怖がりな上に怪我をしやすく、丁寧に扱う必要があること。

餌のチモシーにアレルギーが出る可能性があること。重症化すると、同じおうちで暮らすことさえ難しくなること。

犬猫のようななつき方はしないこと。小さな動物なので疲れやすく、人間の都合でいじりすぎると命を縮めてしまうこと。

ぎりぎりまで体調の悪さを隠す性質があるため、一度病気になればすぐに悪化してしまい様子見ができないため、すぐに病院に連れていく必要があること。お金も場合によっては犬猫以上にかかること。

病院もどこでもよいわけではなく、モルモットを診察してくれる場所に行く必要があること。

h_01色々とお話をさせていただいたのですが、すべてしっかりと聴いてくださり、「うちに来てくれるなら、一生懸命お世話をして、ホリーちゃんを絶対に幸せにしたいです」と力強くお約束くださったお母様の熱意に、こちらもとても感動しました。

そして迎えたお届けの日。立派なケージを用意してくださり、チモシーやペレットなどもすべて揃え、準備万端で待機してくださっていたご一家のもとへと、ホリーちゃんを送り届けました。

「かわいい!」「お目目大きいねー」と喜んでくださったご一家に迎えられ、ホリーちゃんは早速ケージへ。早速ビビリちゃんぶりを発揮して隠れ家の中に猛ダッシュしていましたが、お母様に水分補給用のレタスを持ってきていただくと、ビビリも食欲には勝てなかったものか、お鼻を突き出しておもむろにレタスをもしゃもしゃ。

1時間ほどするとチモシーを食べるシャコシャコという音が聞こえてきて、「この分なら大丈夫!」と安心して岐路につくことができました。

トライアル中もホリーちゃんの愛らしい姿のお写真とともに、まめに様子を教えてくださった新ファミリー様。トライアル期間終了前には「家族全員でホリーちゃんをとても可愛がっています。是非、正式にお迎えしたいと思います」とのご連絡が届き、ボランティア一同で歓声を上げました!

hホリーちゃんはかなり早くからおうちの外に出てチモシーを食べたり、寝そべったりと、大人の落ち着きぶりを発揮してくれた模様。

お野菜に反応したり、抱っこされてうれしそうにしたりする様子も見せてくれているとのことです。お名前は、今後も「ホリー」を使い続けられるとのこと。

よかったね、ホリーちゃん! 頑張ってきた分、たくさん甘やかされていっぱい幸せになるんだよ! 新ファミリー様、どうぞホリーちゃんをよろしくお願いいたします!!

広告