備えあれば憂いなし! もしものために用意しておきたい「モルモット用通院グッズ」

標準

pexels-photo-293229「帰宅したら、なんだかうちのモルモットの元気がない、うんちもおしっこも量が少ない。いつもの病院に慌てて電話したら、幸い「すぐに来てください」と言ってもらえた。取るものもとりあえず、さあ急いで通院!」

モルモットと暮らしたことのある飼い主さんなら、一度や二度は必ず出くわすシナリオです。

しかし、いざ飛び出してはきたけれど、あまり突然のことで・気が動転して何も準備をしておらず、かなり困ったという方も少なからずいらっしゃるようです。

モルモットを連れていれば気軽にコンビニやスーパーに駆け込むこともできませんし、突如として「あれもない、これも持ってきてない」状態に陥ってパニックになってしまうことも…。

そんな事態を未然に防ぐために、「モルモットハウスくにたち」では、モルモット用品の近くに通院に必要なグッズを入れたバッグやポーチを用意し、いつでも持ち出せるようにしておくことをお勧めしています。災害などの際、急に外に出る必要が生じた場合の用意にもなります。

これまでに「くにたち」卒業生たちの緊急通院のサポートをした経験、そして緊急出動や緊急通院などで頻繁に動物病院に通院するくにたちマネージャー、定期通院担当のくにたち代表が経験をもとに考えた内容を、以下にまとめてみました。

もちろん、ここに掲載した内容はあくまでも「参考」です。中身はモルちゃんの健康状態や通院方法、季節などにあわせ、飼い主さんご自身がカスタマイズしてあげてくださいね!

続きを読む

広告

看護という「贈り物」 – 病気・老齢のモルモットと暮らすということ

標準

pexels-photo-597657モルモットに限らず、動物とと暮らす上で避けて通れないのが「介護」「看護」の問題です。

モルモットは犬猫に比べてペットとしての歴史が浅く、まだまだ病気・生態・接し方等については研究しつくされていない部分も多いため、高齢になってからのケアや病気の看護については未知の部分が多くあるのが実情です。

また、加入できるペット保険も少なく、きちんと診察してもらえる病院も非常に限られているため、病気になってからのケアには多額のお金や多くの時間が必要となることも少なくありません。場合によっては、犬猫の看取りよりも負担が大きいことがあるほどです。

しかし、「介護」「看護」をただ苦しいこと、悲しいことと捉えるのではなく、モルモットという生き物と暮らす上での、かけがえのない経験のひとつと考えることで、モルモットとの生活をより深く経験し、共に暮らすモルちゃんとの絆を深めることもできます。

今回の記事では、保護ボランティアとして、また先住モルモットたちの看護・介護を通じて経験したことについて、個人的な見解をまとめてみました。

続きを読む